« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

[R.O.C.K Flamingos] 発売!

L

         

 R.O.C.K Flamingos 2nd アルバム、「R.O.C.K Flamingos」  絶賛発売中!

今回は、10曲中8曲がオリジナル曲です!!!!!

1stに続き、2ndアルバムも出せることを光栄に思っています。
これも、みなさんのご協力とご支援のおかげです。
ありがとうございます。

レコーディングエンジニアとして、1stと同じくToni OKさんと、今回はリュウジ ホットクラブのリュウジさん、ザキさん、モノフォニックレコードの太田けんじ君を迎え、素晴らしい音を作ってもらいました。
本当にありがとうございます。
R.O.C.K Flamingos >>> http://www.myspace.com/r.o.c.k.flamingos

曲目リスト
1. Ranch Party (Atsushi Sakaguchi)
2. Holy Forest (Futa Sakaguchi)
3. BUUDY HOLLY (Futa Sakaguchi)
4. Feelin’low(M.Maddux)
5. A Bad Day (Futa Sakaguchi)
6. Please Don’t Step On My Guitar (Futa Sakaguchi)
7. The Pond’s Water Shines In Gold (Futa Sakaguchi)
8. So many men, So many minds (Futa Sakaguchi)
9. Kathleen(W.Lewis)
10. I'm Lonely (Futa Sakaguchi)

レーベル
Get Hip Records >>> http://onlyswing.com/
商品の説明 -----------------------------------------------------------

[内容紹介]
世界を震撼させた衝撃のファーストアルバムから1年。
R.O.C.K FLAMINGOSの最新作の登場だ!あれから1年、ギグでも自作の曲をメインにプレイするようになり、近作でも10曲中、8曲が自作の曲だ。
またその演奏曲もバラエティーにとみ、ブルース、カントリー、などルーツミュージックにも広がっている。
そのため唯一の小学生MONAは新しい楽器を手に入れた。
前作と同じくエンジニアにTONY OKを迎え、ネオ・ビンテージサウンドへの新たなる挑戦と、新たにチーフエンジニアにRYUJIを迎え、日本でのビンテージ・リプロジーンズの聖地OKAYAMAで、ビンテージレコーディング機材を用い、ビンテージ・バルブ・レコーディングにも挑戦した。
しかしそこにあるのは、単に伝統的なブルースやカントリーやロカビリーではない。
あるいは単なるロックでもない。これこそ21世紀型ロカビリーの新しい姿だ!

[アーティストについて]
1997年生まれのFUTA、1999年生まれのMONAを中心に、2008年に結成。コンテスト出場などを経て、2009年、TSUYOSHIが加入し、現在のメンバーに。
その年の夏の初ライブ以来、全国各地を精力的にライブ活動をし、周りの大人を驚かせる。
2010年Get Hip Recordsよりファースト・アルバム「ROCKN' ROLL BABY!」発売~同時発売のレーベルコンピレーション~V.A./GET HIP SHOWCASE4にも2曲収録され話題となる。

21世紀のロカビリー・シーンを担う、もっとも若いAUTHENTIC ROCKABILLY BAND !

[P.S] 今回はジャケにも力を入れました。
  特に見開きが最高なので、みんな買って見てね(笑)
Dsc_0120_800x6001
一発録音のプレッシャ-を微塵も感じさせない演奏力!
しかも誰のカバ-?と思ったぐらい当時の雰囲気を残しつつ現在進行形のサウンドになっているオリジナル曲には凄く驚かされました。
そしてその素晴らしい演奏を古い機材で録音するにあたって、温かく・太く・深く・そして出来るだけクリ-ンに録るよう心がけました、その空気を感じて頂ければ、と思っております。
このRECORDINGに携われた事を光栄に思っております。 RYUZZY-Q

|

行ってきました-!

山口/宇部・・・凄い盛り上がりで楽しかった~。

約4時間半かかり着いたらキラ-マンの演奏始まっておりました、写真撮ったはずなのですが無いのです! 

ゴ・メ・ン。

Dsc_0448_800x600

Dsc_0449_800x600

・・・Little Fats & Ryuji・・・

Dsc_0453_800x600

あっ全然撮って無いです、酔っぱらってました!

次の日、宇部-山口観光しましたがこれもまた写真が。。。

誰か提供して-。

で来週は>>>O0423062411578222259 東京REV-UP!

仕事しだいですが行きたいと思っております!  ・・・ん、これも仕事のような。。。

|

2011年11月25日 (金)

明日は・・・。

明日、仕事をお昼で切り上げ出来るように今晩がんばります!

・・・ず-っとですが疲れが全然取れません何故でしょう、へとへとです。

1083_576x800  山口/宇部です、遠~いな。

|

2011年11月21日 (月)

hot club 録音日記-2

なんとかコネクタ-の取り換えが出来たので試験を兼ねて前回のBLOGに登場したAMPEX-400で録ってみました、1micの一発録りです。

<<<AMPEX-400 (mp3に変換しております)エフェクト類は掛けておらず未処理の状態です、VOが割れておりますがmic特性によるものです。

短いですがヘッドホンで試聴していただければ雰囲気がよくわかります。

機材はイイ感じです。

そして11/20は大阪行く予定でしたが疲れが出て行けなかったです、残念。

|

2011年11月17日 (木)

AMPEX

またまた機材です。

1953年製 AMPEX 400シリ-ズ

Vinad53ampex400 Vinad52ampex400console

Vinad53ampex400prices ラックタイプよりケ-スタイプの方が高く1000$オ-バ-!・・・当時はかなり高価な物だったのです! 業務用機材ですからね-。

P1070788_800x534

つい最近購入したreel (左の機械)です、残念ながらPLAYHAEDからのジャックのみが合わなかったのでテストは次回に持ち越し。

P1070779_800x600 P1070783_800x600

たまたまストックがあるので取り換えればOK、その他の動作は全て確認出来たのでいけると思います!

Dsc_0441_800x600 これがそのコネクタ-です。

この方は350に接続しています、分かりやすい取説ビデオです。。。

早よジャック取り換えよ。

|

RYUZZY-Q 裏BLOG

RYUZZY-Q 裏BLOG 更新しました! >>> http://ameblo.jp/mokindo/

「ぜんざい」

Dsc_0438_800x610

|

2011年11月16日 (水)

HI STYLE RECORDS -PV

またHI STYLE RECORDS が動画をUPしておりました! 1ヵ月半ほど前ですが。。。

映像が綺麗で完成度が高いです、お金掛かってそ-・・・・・いやセンスです!  残念ながら私にはどちらも無いですけどね-。

凄く凝ったAMPEX-600のコマ-シャルみたいな感じに・・・。

目線がどうしても機材にいってしまいますが、今を意識した音楽、そして映像も素晴らしいです。。。心動かされます。

Vinad54ampex600a  P1010843_2_2 同じのがOLD TIME RECORDSにも有ります!

AMPEX最初のポ-タプルで小さいながらも350に劣らないイイRECORDERです(名機です)。

AMPEXサイコ-。

|

2011年11月13日 (日)

hot club 録音日記-1

今日はマイク位置の確認! VOのみにコンプを掛けたい為2chに決定。

P1070754_800x612_2

今回は位置の確認なのでDATで録音・・・らくちん! そして音もイイ! ありです。

P1070756_800x600 来週はreelで録ります。

|

2011年11月12日 (土)

Vincent Gallo

アナログ録音に興味が有る人なんて音楽をやってる人の中でも極一部だと思っていましたが、、、衝撃的でした。 来た-っ!と思っておりましたが、いまだ肩身が狭いです。

音楽雑誌にアナログ録音の記事が小さく掲載されていてもドキドキする今日このごろ 。。。

LogosrGallo

2001年10月号のサウンド&レコーディング・マガジンの表紙を飾ったのは、何と映画俳優のヴィンセント・ギャロだった。何故?と首を傾げた当時の読者も多かったかもしれないが、彼は音楽家でもあり、自身の映画でその腕前を披露したりもしている。そして、彼のデビュー・ソロ・アルバムをリリースしたのが、電子音楽で名をはせるWARPというのが、また斬新だった。宅録テイストとレイドバックしたサウンドについて、ギャロの思いが一気に吐露された極上のインタビューだ。

自身が監督/脚本/主演を手掛けた映画『バッファロー'66』のヒットで、その個性的なキャラクターを広く知らしめた男、ヴィンセント・ギャロ。映画だけでなく、写真やグラフィック・アート、CMなどの分野でも才能を発揮している彼は、映画界で活躍するようになる前から数々のローカル・バンドで音楽活動を行っており、先の『バッファロー'66』のサントラでも自作曲を披露している"ミュージシャン"なのである。そんな彼が、このほど初のソロ・アルバム『when』を発表。すべての演奏と歌はもちろん、レコーディング/ミックスまで1人でこなしたこの作品は、まさしくプライベート・ミュージックと呼ぶにふさわしい内容に仕上がっている。そのサウンドを支えているのは、ギャロが10代のころから蒐集しているというビンテージ録音機材の数々。そして今回、本誌はロサンゼルスにある彼の自宅スタジオを訪問するという貴重な機会に恵まれた。ほとんど偏執的とも思えるほど音にこだわり、機材にこだわる彼の素顔を、以下のインタビューと写真から感じ取ってもらえれば幸いだ

「最新のレコーディング機材がもたらしたのは、経験、愛情、実力の無さをかばうシステムだ」

(ヴィンセント・ギャロ/2001年インタビュー)前篇

(ヴィンセント・ギャロ/2001年インタビュー)後編

Vincent Gallo 『When』 When.jpg

この商品を「Amazon」で買う

この商品を「iTunes」で買う

|

2011年11月 9日 (水)

HOT CLUB RECORDING

さて、今週末よりぼちぼち録音の準備に取り掛かかるのですが機材の選択をしなければいけないとエンジニアが、、、以前兼ねて録音した事があるのですが一発録りはかなり大変です・・・マルチで録りたいな-、只今ee方法を模索中です。

とりあえず、なにより演奏です一番は!・・・。

Dsc_0425_800x610 がんばります。。。

Vinad53chetatkinsmaryford 神様です、僕の中にも生き続けておられます。

|

2011年11月 7日 (月)

Guitar meeting

昨日は事務所でstrings club-guitar meetingでした。P1000817_800x600

rockabilly & blues key-c  jam

P1000819_800x600_2_2

P1000820_800x600

P1000818_800x600

machico-dance lessonもしていますので是非ご参加を!

|

2011年11月 2日 (水)

ROCK'N'ROLL WIDOW Special

1079_570x800 <<< 松江に行ってきました!

平日の火曜日でしたが沢山の人で凄く盛り上がっていましたよ-面白かった-。

Dsc_0406_590x800 会場は古いレトロなビルの地下。カッコイイ~♪

Kojima (Yakety Yak from Nagoya)

Dsc_0420_800x600

Yakety Yak BLOG >>> http://yaketyyakblog.blog60.fc2.com/

Dsc_0409_800x600

Dsc_0412_800x600

Dsc_0413_800x600

Dsc_0421_800x600

Dsc_0410_800x600

動画を撮っていたのであまり写真が撮れていません、、、めんごっ!

スマ-トホンで撮ったので画質が悪いですが雰囲気だけでもご覧下さい >>> http://www.ustream.tv/recorded/18245900

ROCK'N'ROLL WIDOW - BLOG >>> http://ameblo.jp/widowsb1/

11/2のも行きたかったですが仕事が遅くなったので断念。。。その様子は後日TAIRA氏のBLOGでもUPされると思います・・・たぶん。>>> http://ameblo.jp/t-rumble/

Kojimaさん遠い所ご苦労様でした、今度お店に行きます!>>> http://www.yakety-yak.jp/

そしてROCK'N'ROLL WIDOW の皆さんありがとうです・・・また行きますね-。

1081_539x800

で次はMiddle_1319629688 1083_576x800 O0423062411578222259 ・・・3週連続、大阪>山口>東京です、、、大丈夫かな-。

あれっ! 今気づいた・・・リトルファッツかぶってる!

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »